溶射を中心とした各種表面改質の総合メーカー

トーカロ株式会社

技術情報 Technical

技術一覧

機能例

溶射とは

トーカロの表面改質技術の核となる溶射技術。
その仕組みと溶射皮膜の構造。

目的に応じてその機能を最大限に発揮できるように調整した溶射材料(金属やセラミックスなど)を、さまざまな熱源により溶融、軟化させた粒子を加工対象物表面に吹き付けます。
吹き付けられた溶融粒子は瞬時に冷却されて固化し、皮膜を形成します。
これが溶射による皮膜形成の仕組みです。

トーカロの溶射技術は、鉄基材だけにとどまらずアルミニウムやニッケルなどの非鉄金属や、CFRPなどの非金属にも適用可能です。 しかも溶射材料は、アルミニウムやステンレス、チタン、モリブデンなどの金属や、各種の合金、セラミックス、金属とセラミックスの複合材であるサーメットなど極めて多岐にわたります。さらにこれらと各種溶射法を組み合わせることにより、物理的・化学的・機械的に性質のまったく異なった機能を持つ皮膜を自在に作ることができます。ニーズに最適な高機能皮膜の形成が可能であり、その応用範囲はまさに無限といえます。

溶射の加工工程

溶射の加工工程

ページのトップへ