溶射を中心とした各種表面改質の総合メーカー

トーカロ株式会社

社会的責任 CSR

社会的責任/CSR

コンプライアンス(法的責任)/社会的責任

経営理念

当社は、溶射加工を中核とする表面処理加工の専業メーカーとして「技術とアイデア」「若さと情熱」「和と信頼」「グッド・サービス」を社是として掲げ、株主、取引先、社員、地域社会等あらゆるステークホルダーとの良好な信頼関係を基礎に、表面処理皮膜が持つ省資源化、省力化、環境負荷の低減等の諸機能を通じて社会に貢献し、「高技術・高収益体質の、内容の充実した企業グループ」を実現することを経営の基本理念とする。

経営基本方針

当社は、「高技術・高収益体質の、内容の充実した企業グループ」を実現するため、以下の6項目を経営基本方針として掲げる。
  1. 好不況に関係なく収益を確保できる「全天候型経営」を目指す。
  2. キャッシュ・フロー重視、バランスシート重視の経営により財務体質の強化を図る。
  3. お客様のニーズに的確かつ迅速にお応えする「問題解決型企業」を目指す。
  4. 常に高品質の高機能皮膜を追求し提供する「研究開発主導型企業」を目指す。
  5. ステークホルダーとの信頼関係をより一層強化するため、コーポレート・ガバナンスの充実、環境保全への継続的な取り組みを行う。
  6. グループ企業の自主的運営を尊重すると共に、グループ全体での相乗効果を追求し、企業価値の向上と持続的かつ健全な成長を目指す。

企業の行動指針

トーカログループは、誠意と創意を持って、健全な事業活動を推進し、豊かな社会の実現に貢献する企業として、企業の行動指針を以下に定めます。
  1. お客様の満足を基本として、社会に有用な製品を開発・提供し、お客様の信頼の確保に努めます。
  2. 全ての役員および社員は、責任感を持って法令順守(コンプライアンス)を基本に企業倫理に則った行動を実践します。
  3. 製造、販売、廃棄にいたる全ての事業活動において、「環境保全、安全、防災」を優先し、実践に努めます。事業を行う各国・地域の法令に則った安全で働きやすい職場環境の確保に努めます。
  4. 株主、取引先、従業員、地域社会など、さまざまなステークホルダーとコミュニケーションを図り、社会への説明責任を果たすため、企業活動全般にわたる情報を適時かつ適切に開示し、透明性の確保に努めます。
  5. 新しい価値の創造、高品質の商品提供に向け、積極的に研究開発を継続し、常に表面改質の第一人者であることを目指します。
  6. あらゆる事業活動のなかで、基本的人権を尊重し、差別的な取扱い、児童労働、強制労働を認めません。また、従業員が能力を十分に発揮できるよう多様性と個性を認める職場風土の醸成に努めます。
  7. グループの連携強化を図り、総合力の発揮に努め、継続的で質の高い成長を目指します。

CSR活動への取組み

  1. クリーンライン委員会の設置

    社内通報制度「クリーン・ライン制度」を設け、リスクの早期発見を促すとともに、重大な問題を未然に防ぐ体制を整えました。
  2. 全ての役員および社員は、責任感を持って法令順守(コンプライアンス)を基本に企業倫理に則った行動を実践します。
  3. CSR委員会の設置

    トーカログループが一丸となってCSR活動を推進できる体制をつくりました。今後も企業価値向上に努めていきます。
  4. ISO14001の取得

    トーカログループは、トーカロ本社(関連8事業所を含む)と子会社の日本コーティングセンターで取得しています。
  5. 社会との共栄~よき企業市民として

    事業活動のみにとどまらず、よき企業市民として社会貢献活動を通じて、地域社会の皆様に信頼される企業をめざします。

ページのトップへ