溶射を中心とした各種表面改質の総合メーカー

トーカロ株式会社

会社情報 Company profile

沿革

戦後、機能溶射技術が日本に導入されたのを機に溶射技術はさまざまに発展をとげその活躍の場も大きく拡大してきました。この溶射技術高度化の歴史はそのままトーカロ発展の歴史です。そして溶射をはじめ表面改質技術の広大な未来もまたわたしたちトーカロと共にあります。

1951 神戸市で東洋カロライジングエ業株式会社として発足。
1958 金属溶射分野の研究開始。
1959 東京工場を新設。
1960 溶射部門の本格的営業を開始。溶射工場を増強。
1969 小倉工場を新設。
1973 水島工場を新設。和歌山営業所を開設。
1975 神戸工場にTDプロセス工場を新設。
1976 東京工場にTDプロセス工場を新設。
1977 神奈川営業所を開設。
1978 鹿島営業所を開設。
1980 CDC-ZACコーティングの操業を開始。
名古屋工場を新設。
1981 トーカロ株式会社に商号変更。北関東営業所を開設。PTAプロセスの操業開始。
1983 明石工場を新設。
明石工場、Al溶射JIS工場に認定。
1985 海外企業への技術供与開始。
1987 水戸営業所を開設。
1988 静岡営業所を開設。
1989 明石第二工場を新設。
1990 商品開発部を溶射技術開発研究所に改称。
1991 明石第三工場を新設。
1995 ITSC'95(国際溶射会議)神戸にて開催。
1996 本社新社屋竣工。株式店頭登録。資本金7億9,514万円。
1997 小倉第二工場(現、北九州工場)を新設。
1998 小倉第二工場(現、北九州工場)でISO9002の認証を取得。
1999 東京工場でISO9002の認証を取得。 明石工場でISO9002の認証を取得。
2001 小倉第二工場を北九州工場に、小倉工場を北九州第二工場に改称。
1月30日から3月5日までの期間、ジャフコ・エス・アイ・ジー株式会社が当社株式を公開買付けし、当社の親会社となる。8月1日付けでジャフコ・エス・アイ・ジー株式会社が旧トーカロ株式会社を吸収合併。商号はトーカロ株式会社とする。同日付けで店頭登録を廃止。
2002 本社、溶射技術開発研究所でISO14001の認証を取得。
2003 神戸工場でISO9001の認証を取得。
東京証券取引所市場第二部に上場。
2004 ITSC2004(国際溶射会議)大阪にて開催。
日本コーティングセンター株式会社の全株式を取得。
2005 東京証券取引所市場第一部に上場。
中華人民共和国広東省広州市に東華隆(広州)表面改質技術有限公司を設立。
北九州工場でISO14001の認証を取得。
北九州工場に隣接する土地を取得。
日本コーティングセンター株式会社の本社工場移転用土地・建物(神奈川県座間市)を取得。
2006 日本コーティングセンター本社工場、関東営業所の移転 。
名古屋工場、神戸工場、明石第三工場でISO14001の認証を取得。
2007 東京、明石工場で溶射設備増強のため工場を増設。
東京工場、水島工場でISO14001の認証を取得。
北九州工場にD棟を新設。
2008 名古屋工場において航空宇宙品質マネジメントシステム JIS Q 9100の認証を取得。
2009 明石工場で工場棟を新設し、薄膜製造装置を増設。
明石工場でISO14001の認証を取得。
2010 明石第三工場を明石工場に移転、統合。
2011 宮城技術サービスセンターを新設。
中華人民共和国江蘇省昆山市 東賀隆(昆山)電子有限公司を設立。
中華民国(台湾) 台南市に漢泰国際電子股份有限公司を設立。
2014 名古屋工場で「Nadcap」の認証を取得。
神戸工場を神戸市東灘区から神戸市西区へ移転。
明石工場において航空宇宙品質マネジメントシステム JIS Q9100の認証を取得。
2015 名古屋工場を名古屋市緑区から愛知県東海市へ移転。
米国カリフォルニア州にTOCALO USA,Inc.を設立。
2017 インドネシアにPT.TOCALO SURFACE TECHNOLOGY INDONESIAを設立。
本社を神戸市東灘区から神戸市中央区へ移転。
明石工場で「Nadcap」の認証を取得。

ページのトップへ