溶射を中心とした各種表面改質の総合メーカー

トーカロ株式会社

技術情報 Technical

溶射を核に、先進の表面改質技術で
先端分野のニーズに応えています。

トーカロはさまざまな表面改質技術を展開しています。主力の溶射技術は、高硬度・高融点の金属やセラミックスなどを高温で溶融させた微粒子を吹き付けることによって加工対象物の表面に新しい高機能皮膜を形成する技術です。溶射以外にも化学反応や物理的効果を利用した皮膜形成技術があります。こうしたさまざまな技術でお客様のニーズに合わせた問題解決法を提案し、あらゆる業種・業界にトーカロ独自のソリューションを提供しています。
技術情報一覧

溶射技術

微粒子を吹き付けることによって加工対象物の表面に高機能皮膜を形成する技術。

減圧プラズマ溶射

減圧プラズマ溶射

減圧下で雰囲気調整したチャンバー内で行うプラズマ溶射法。

大気プラズマ溶射

大気プラズマ溶射

10,000℃を超える高温のプラズマジェットを利用した溶射法。

アーク溶射

アーク溶射

アーク放電を発生させ、その熱で溶融された微粒子を加工対象物に吹き付ける溶射法。

高速フレーム溶射

高速フレーム溶射

高速で材料を噴射する溶射法です。緻密で高密着力の皮膜を形成。

粉末式フレーム溶射

粉末式フレーム溶射

無気孔に近い緻密な皮膜が形成できる溶射法。

溶棒式フレーム溶射

溶棒式フレーム溶射

棒状に加工したセラミックロッドを、溶射して皮膜を形成させる溶射法。

溶線式フレーム溶射

溶線式フレーム溶射

金属、合金のワイヤー材料をアセチレンなどの熱源を用いて溶融噴射する溶射法で肉盛厚みが10mm程まで施工可能です。


その他表面改質技術

化学反応を利用した皮膜形成技術など、溶射以外の表面改質技術。

WIN KOTE®

WIN KOTE

複雑な3次元形状の精密品から、大型品・長尺品までコーティング可能。

CDC-ZACコーティング

CDC-ZACコーティング

化学緻密化法で複合セラミックス皮膜を形成。

TDプロセス

TDプロセス

超硬質皮膜の形成を可能にし、耐摩耗性・耐焼き付き性に優れた表面改質法。


PTAプロセス

PTAプロセス

プラズマを利用した粉体肉盛法。冶金的結合により、優れた密着性・耐衝撃性を発揮。

PVDプロセス

PVDプロセス

材質に応じて最適の処理を選択でき、熱による形状変化を最小限に抑える。

 

Lite Force

Lite Force

CFRP素材と溶射皮膜との組み合わせで、産業機械の小型化・高速化・省エネ化を可能に。



機能例

表面処理で付加できる機能例

表面処理で付加できる機能例

ニーズに応じて、さまざまな特性をプラス。それがトーカロの表面改質技術です。

セラミック溶射

セラミック溶射

セラミック溶射では、溶射法や材料を組み合わせることにより、様々な機能を持った皮膜を形成することができます。


ページのトップへ