溶射を中心とした各種表面改質の総合メーカー

トーカロ株式会社

技術情報 Technical

技術一覧

機能例

粉末式フレーム溶射

溶射皮膜に再溶融処理を施し、優れた密着力を持った溶射法
POWDER FLAME SPRAYING PROCESS(Spray-Fuse Process)溶射法とは

高速フレーム溶射 高速フレーム溶射

酸素、アセチレン(プロパン)炎を熱源とし、自溶合金の粉末材料を溶融噴射し加工物表面に皮膜を形成する溶射法で、溶射後のフュージング(溶融)処理によって無気孔に近い皮膜が形成され、基材との冶金的結合による高い密着力と優れた耐食性が得られます。また皮膜の溶融および凝固過程において硼化物、炭化物の硬化相が析出することから、高い耐摩耗性を発揮します。
このほか、ほとんどの化学溶液に対する耐食性、耐エロージョン、耐キャビテーションエロージョン性、高温硬度特性にも優れた特性を示します。

ページのトップへ